紙の角を丸くするとかわいいのです。かどまるもダイソーのコーナーパンチもいい感じ

文具・ステーショナリー

紙の端をきれいなカーブにカットしてくれるグッズがあります。
メッセージカードやラミネートした写真などの角を丸く切り落とすと、手作り雑貨もかわいく仕上がります。

色々な商品が出ていますが、先日、ダイソーでもコーナーパンチを見つけました。
もともと「かどまる」を持っているのですが、どんな感じか比較してみました。

ダイソーのコーナーパンチもなかなか使える優秀グッズでした。

スポンサーリンク

ダイソーのコーナーパンチとかどまる、本体比較! ダイソーのはとってもコンパクト

私が持っているかどまるPROは、サンスター文具が発売しているコーナーパンチです。
3種類の角が作れます。


かどまるPRO

かどまるPRO(サンスター文具)
3サイズのカット種類がある
・S 3mm
・M 5mm
・L 8mm
一度に、普通紙(64g/㎡)3枚、ラミネートフィルム(100ミクロン)などがカットできる
ダイソーの商品はこんな感じです。
ダイソー コーナーパンチ
・5mm の角丸加工ができる
・一度にパンチできるのは、画用紙1枚程度
両方を並べてみました。
かどまるPROが大きく感じますね。
ダイソーのコーナーパンチはチロルチョコ2個分くらい。
手のひらにちょこんと乗る大きさです。

使い勝手はこんな感じです

使い方は簡単

両方とも使い方は同じ。
紙を挟んで、2穴パンチみたいに押します。
かどまるPROは押すレバーがあります。
数枚紙を入れても楽々に押せます。
ダイソーのコーナーパンチは上のボタン?を押します。
普通の紙なら2枚くらいは大丈夫でした。
3枚となると、できるけれども結構力が要ります。

パンチしたあとの切れ端は?

かどまるPROは、よくある2穴パンチのように切れ端を受け止める蓋が付いています。
ダイソーのにはないので切れ端が落ちてきます。
何も気にせずパチンパチンとやってると、その辺にごみが落ちてしまいますね。

出来上がりはどう?

ダイソーのコーナーパンチは、5mmの丸と言うことで、かどまるのMサイズと同じですね。
ただ、実際に比べてみると、出来上がりはSとMの間くらいと言う印象でした。

ダイソーの方も切り口はきれいで、かわいい丸にカットできました!!

無くてもいいけど・・・あるとかわいいのです!

別に、コレ。
あってもなくてもいいアイテムかも知れません。

例えば、雑貨屋さんや飲食店などのプライスカードとかメニュー。
ラミネートした角を丸くする(結構尖っていて危ない)
プロユースなら必要ですけど、普段の生活にはなくても別に困らない・・・。

でも!!

やはり、あるとかわいいのですよ。

ほらね。

ちょっとしたメモでも、角が丸いとかわいいんですよ。

これ↓は、もう使わないノートの最後の方のあまりのページを切り取って、角を丸くしてクリップでまとめただけ。
ただ雑紙っぽい紙の束よりも、いい感じです。

こういうクリップで挟むと、壁に掛けることもできます。
冷蔵庫にぶら下げたりすると、お買い物メモなどにも重宝しますよね。

折り紙や包装紙なども角を丸くするだけで、ちょっとしたカードになったりしますね。

プリントアウトした写真も角を丸くして飾ると、また違った雰囲気になります。

最後に

しっかりした作りのかどまるPROは、厚いものをパンチしたり、メモ用紙などをたくさんパンチするときの大量用に。
ダイソーのはスポット的に1~2枚をパンチするのに向いているかなと思います。

誰かに渡すメモ。
プレゼントに付けるカード。
雑紙から作るメモ帳。

ちょっと手間かも知れないけど、パチンパチンと角をカットしてすこ~し愛着のある紙にする。
そういうのも、いいなぁと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました