勉強しなさい、とは言いたくない。受験生を抱えた私が今までを振り返って思うこと。

子育て

子供の様子を見ていて「勉強しなさい!」と言いたくなる場面は山ほどあります。

小学校高学年頃からはこれから先のことを考え出すと、遊んでばかりいる子供に、大丈夫かな?という思いがよぎり始めます。
そして、高校受験や人によっては大学受験が視野に入る頃には特に、言いたくなってしまう「勉強しなさい」。

果たして、これを言わずに済む方法はあるのだろうか?
こっちだって、好きで言っているわけではないのに・・・。

私も心ではそう思いつつ、何とか「勉強しなさい」と言わずに子育てを終わることが出来そうです。

今日は「勉強しなさい」を出来るだけ言わないようにして来た私のお話です。

スポンサーリンク

勉強しなさい、と言いたくなかった理由は?

勉強しなさい、と言いたくなかった理由はひとつに尽きます。

学ぶことを嫌いになって欲しくなかったから。

学生の間は学校でとにかく勉強をしますが、大人になってからはどうでしょう?
学生を終えたら勉強が終わった!と万歳して喜ぶ人と、仕事に役立つからとか自分の向上のためなどと生涯に渡って何かしら学び続ける人がいます。

私は娘たちに後者の人になって欲しいと思いました。
大人になってからの学びは、本当に興味を持って自分自身で選び取って学ぶものでもあります。

そうして選び取って学ぶときと言うのは本当に楽しいし実りあるものになります。
でも、その土台として、学ぶことや勉強することの楽しさやその習慣が無ければそんな気持ちはきっと浮かんで来ない。

だから、勉強することを嫌いになって欲しくなかったのです。

どうして、勉強するの?と聞かれたら何と答えますか?

これはきっとどの親御さんも一度は通過する質問だと思います。

宿題を出されて大変な時、テストが迫っていて苦しい時。
どうしてこんなこと、辛い思いをしてまでやらなくちゃいけないの?

特に、中学生くらいになって来ると、社会生活に必要な知識って小学生くらいの内容で大丈夫じゃないの?日常生活に方程式なんて使う?と言う疑問も沸いて来ます。

私は、迷いに迷って、物凄くおかしなことを言いました。
今でも、無理やりだったよぁと自分でも可笑しくなるけれど。


「人の脳ってさ、使えば使うほどシナプスってやつがうんと沢山繋がるんだよ。シナプスがうんと繋がるとさ、考える能力がアップするんだよね・・・」
とか何とか。
脳の仕組みについてあることないことを延々と・・・。

「無駄に思うかも知れない勉強も、考える力を養うために必要なんだよ。
シナプス、いっぱい繋がってるとさ、大人になって遭遇する色んな問題や、仕事で必要なことをたくさん考えることが出来ると思う。
だから、そのために、脳の訓練をするの」

と言うようなことを言いました。

「あと、それからさ。人の可能性を見出すためでもあるよ。
一見、社会生活には無縁そうでも、その知識を必要とする分野がある。
やってみて面白い!と思った人が居たなら、それをうんと勉強してその分野のスペシャリストになって何かを開発するかも知れない。
でも、試してみないと好きかどうかはわかんないよね?」

その回答が正しいかは、判りません。

不器用ながらにとても必死に何かを訴えようとしている私を見て、勉強はした方がいいのかも知れないと思ってくれた気がしています。


ただ、真面目にひとつだけ言ったことはあります。
高校受験の時に、将来の夢なんて今は持てないから勉強する気力が沸かないと言われたときです。

「夢が無いなら尚更、夢が出来たときに学力が無いせいで諦めて一生後悔しないように学力を身に着けておきなさい。それが出来るのは今だけだから」

スポンサーリンク

勉強をする習慣を作るには?

とは言え、勉強しなさいと言わずに勉強する習慣って身に付くの?

私はこれでとても悩みました。

強制せずに、気分良く、それなりに勉強してくれる方法なんてあるの?!

私がして来たのは「一緒にやること」。

教えられる学年のうちは解らないところを教える、教えられなくなって来たら自分も何か勉強する。
資格を取るとか大それたことでなくてもいい、読んだ本の感想をまとめるとか料理のレシピノートを作るとか。
ちょっと机に向かって何かしている時間を持つ。

ずっとそばに付いていなくても家事や読書の合間に時折顔を出してわからないところを教えたり、小学生の頃は逆に「これってどうやって説くって習ったの?」と教えてもらったり。
小学校の算数って昔とは説き方が違っていて、こちらも真剣にへぇ~とかほぉ~となることもあります。
そういう時の子供って、ちょっと得意気だったりするのですよね。
誇らしげな気分で、楽しい!って思ってくれたらそれでいいなと思うのです。

さすがに私は高校受験が本格化してからは次第に教えられなくなりましたが、それでもスマホ片手に娘たちがわからない問題を調べたりしました。

「ママが調べてみるから、他の問題やって待ってて!」

時には1時間以上もかかって
「ママ、もういいよ? 明日塾で聞くから」と言われながらも。

オームの法則って何だっけ? 忘れたよ、そんなもの。
いやいや、ママも昔はコレやったんだけどさ、何せ25年以上も昔のことだからさ、頭の奥深くから掘り出すには時間が掛かるんだよ。

そんな言い訳をしながら、調べる。
Googleがあって良かった! Googleありがとう!
と、心の中で唱えながら、検索、検索。

勉強は試験のためとか受験のためだけにするんじゃない、学ぶ喜びを得るためや夢を叶えるためにするものだと思って欲しかったから。
試験や受験は夢を叶えるための手段のひとつなんだよ。

たった1問だけでも、一緒に調べて一緒に考えて。
「わかったよ! できたよ!」を共有したいと思ったのは、親とか大人と言う上からの目線で「勉強はやっとけ」と言いたくなかったからでもありました。

先輩ママが言うことには

先日、先輩ママと話す機会がありました。

大学を卒業して来春から就職する息子さんを持つ方です。

彼は、学校側から絶対に無理だと言われていた大学に合格しやりたかったことを学びました。

その彼が大学合格後に母親に言った言葉は。

「お母さんは、勉強しなさいと一度も言わなかった。
自分を信じて応援してくれた。だから頑張れた。」

勉強をしなくてはいけないことは本人が一番よくわかってる。
だから、私はこう言うしかなかったの、と先輩ママ。

「あなたなら、きっとやれる!」

スポンサーリンク

私の娘の今

長女は無事大学に合格し、只今2年生。

次女は、高校3年生で受験生真っ只中です。

毎日よれよれになりながら塾で勉強、家でも勉強。
どう見ても、これ以上「勉強しなさい」とは間違っても言えません。

花の女子高生はおしゃれも忘れて、学校と塾しか行かないから格好なんてどうでもいいとほぼジャージで過ごしています。

3年生になってすぐの4月の三者面談で、「偏差値的に無理だから学力に見合った安全な学校を探せ」と担任の先生に言われたけれど頑なにそこを目指しています。

私はその時、担任の先生には「うちの子はやると言ったら貫く芯の強い子です。きっとやり遂げます!」と啖呵を切ってしまいました。

本当に手が届くのかどうか、実はまだまだ判りません。

私が今、次女に言えるのは
日々、「お帰りなさい、お疲れさま」。

厳しい冬を乗り越えて、暖かな春を迎えて欲しいと願うばかりです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
子育て
スポンサーリンク
\ Share /
\ Follow me /
暮らしごと、楽しごと

コメント

タイトルとURLをコピーしました