スポンサーリンク

【片付け】文房具がこんなにたくさんあった原因は?

雑貨・家具・家

日常生活の身の回りに当たり前にある文房具。

文章を書くのが好きな人、手帳をマメに書く人、絵を描くのが好きな人。
そんな人は文房具にもこだわりが出てくると思います。

私は、10年以上事務職をして来たので、ペンやメモやファイリング用品は常に接していてお気に入りを使いたくて気が付いたら文房具コレクションが増えていました。

今回はたくさん増え過ぎた文房具を片付けしました。
そして、そんな中で気が付いたこともありました。

スポンサーリンク

これだけの量を処分しました

約2日間かけて、この中に入っていたもの、全部空にしました。
ひと箱ずつ中身を全部床に広げて要るものと要らないものとに分けました。
右側の真ん中の白いケースは、ダイソーの収納ケース・大です。

収納場所がなくてしまいには靴の箱に入れていた始末。

ペンなどの筆記具
全部試し書きをする。
出にくいものは処分。
ボディが重くて使いにくいものは処分。

ノート、メモ用紙
使いかけのノートは使った部分だけを処分。
残りはメモ用紙に使います。
同じものが何冊かあるメモ帳は数冊残して処分。

レターセット・絵葉書・シール
子供たちが小さかった頃の可愛らしい絵柄のものは処分。
今の年齢で使えそうな落ち着いたものだけを残す。
お礼状用の絵葉書(かなり大量にある)は今後使用予定がないので処分。

スタンプ・スタンプ台
日付スタンプのうち、西暦や年号が過ぎているものは処分。
手帳用のスタンプとスタンプ台はほぼ処分

処分対象の文房具は捨てる前に欲しい人にあげる

処分対象になった文房具は、家族に確認。
欲しいものがあれば使ってもらいます。

ペンやメモ帳で売れ残ったものは捨てるのももったいないので、まず先に使うことにします。

全部出して、全部眺めて、感じたこと

今見ると大切でなくなっていたもの
中には、どうしてこれをまだ持っているかな?と思うような色あせたノートもありました。
でも、これは前に整理した時には何かの思い入れがあって取っておいたもの。
時間が経って今は要らないと思えるなら、捨て時です。

今は必要がなくなったもの
生活や年齢が変わって使わなくなったものもあります。
かわいらしいシールやレターセットは子供たちが大きくなってからは不要になりました。

また、昔は親戚に何かとあればお礼状を書く環境に居たのですが、今は必要ありません。(元夫の親族の習慣だったので)
そのために買い置きしていた絵葉書や一筆箋セットは捨てることにしました。
何かのときに使うかなと思っていましたが、10年以上一度も使うことはありませんでした。

こんなにたくさん買ってしまった要因、2つ

その1:ネット通販で買うから
これは、とても大きな要因のひとつ。
送料対策で1つでいいものを3つ買う、色違いでいくつも買う。
そういう買い方は多かったです。
あまりものが揃っていない地域に住んでいたり、ゆっくり買い物に行けなかったりするとネット通販で買う機会が増えます。
文房具は単価が安いので送料対策についつい余分なものまで買っていました。

その2:ストレスを発散していた
これは本当に悪い要因です。
文房具は単価が安いからそこそこの量を買っても大した金額にはならなかったりします。
それをいいことに衝動買い、大量買いをして所有欲を満たしていた部分がありました。

最後に:これからは、大切に使い切っていく

今手元にある文房具は、本当に気に入ったものだけになりました。

それ以外のいくつかのものは、まず先に使い切ってしまおうと思います。

たぶん、もうこの先何年も、ノートもメモ帳もペンも要りません。
ただ、たくさん買って色々使ってみて、自分の使い方に合っているものがほぼ定まった気がします。

これからは好きなものだけに囲まれた心地よい文房具ライフが送れるかな、と思っています。

コメント