スポンサーリンク

敏感肌のお手入れ。ゆる~く肌断食して6年経ちました。

敏感肌

時々見かける、「肌断食」という言葉。
私は敏感肌なのですが、特に何もしていません。

「何もしていない」は、最低限のことはきちんとしているはず、なんて言いますが、たぶん本当に何もしていません。

「肌断食」と言えば格好いいけど、「ナマケモノ」といえばそれまでというレベルです。

スポンサーリンク

肌断食のきっかけ

色んなお手入れをするのが面倒臭くなりました。

敏感肌で、何をつけても、どんなことをやってもなんとなく肌の調子が良くありませんでした。
・いつも乾燥している
・吹き出物が次々に出る
・かゆい
・合わないと真っ赤になる、皮が剥ける
・なのに所どころ粉を吹くほど乾燥している

良さそうな化粧品を片っ端から試して、ミネラルウォーターや精製水で洗ったりもしてみたのですけれど。

それで、ある日。
「もう、や~めた!! 疲れた!!」 となってしまたのです。

愛用の基礎化粧品

私が普段使っているのは、花王のキュレルという敏感肌用の化粧品です。

左から 
キュレル ジェルメイク落とし(130g)
キュレル 皮脂トラブルケア 泡洗顔料(150mL)
キュレル 皮脂トラブルケア 化粧水 150m
キュレル 皮脂トラブルケア 保湿ジェル(120mL)

発売当初は全部青いパッケージのしかなかったのですが、途中で「皮脂トラブルケア」の黄緑色の製品が出たので、クレンジング以外は変えました。

いつも楽天で買うのですが、今購入履歴を見ると、最初に買ったのは2012年10月でした。

朝のお手入れ

朝は、泡で出る洗顔フォームで洗顔します。

 

その朝のTゾーンの皮脂具合で1プッシュ、または2プッシュ。
基本的にTゾーンと唇の下あごにしか洗顔フォームは使いません。
ほかの部分は、洗っているうちに泡がついた程度。

 

お湯の温度は少し高めだと思います。
ぬるま湯ですすぐのが普通だと思うのですが、洗顔フォームが落ち切らないほうが肌に良くない気がして、お風呂と同じくらいおそらく42度かもう少し高い温度ですすぎます。
前はもっと低い温度で洗っていたのですけど、夜はお風呂で顔を洗うのに朝だけぬるま湯にする意味ってあるんだろうか?と思ってからはすすぎの温度を少し上げました。

 

その代わり、顔を洗ってすぐに化粧水とジェルをつけます。
そのあと仕事へ行くために着替え。
着替えてから化粧をはじめます。
着替えている間にちょうど化粧水とジェルが落ち着いて来るので、下地→パウダリーファンデーションへ。
下地もキュレルのを使っています。

  (花王 キュレル BBクリーム 【 自然な肌色 】 35g SPF28・PA++ )

 

スポンサーリンク

夜のお手入れ

夜はクレンジングでメイクを落としてから、お風呂で洗顔します。
この時は体を洗う固形石鹸と一緒のせっけんを使います。
普段はたいてい牛乳石鹸の青箱です。
たまに、気分でラッシュやアレッポのオリーブオイル石鹸など。
どちらにしても顔も体も同じ石鹸を使います。

 

そして。

夜は一切何もつけません。

何もつけないとどんな感じ?

夜に何もつけなくなったのは、キュレルを使い始めてからなので、もう6年です。

 

お風呂に入った後は出かけることもないので、外気にさらされることもありません。
だから、何もつけなくても大丈夫かな・・・と思ったのと、色々試したり肌を見て悲しくなったりすることに疲れてしまったからです。

 

もう今では乾いて突っ張るようなこともありません。
冬場に乾燥が強くてかさついているなと思うときは、肌の状態ではなくて「気分で」(ここがナマケモノ)化粧水かジェルかワセリンをつけます。
なんとなく感覚で、これをつけたいなという気分があるのですよね。
さっぽりか、しっとりか、こっくりか、今どのくらい必要かなというのがなんとなくその日の「気分」。

 

ここでたまにサンプルでもらったものとかをつけてみたりすると、合わないときはあっという間に赤くなってかゆみが来るので洗顔し直しです。
そうまで行かなくても、次の日の朝に顔を洗う時の肌の手触りが、なんか皮膚に一枚ラッピングされている感じがします。

 

いや、確かに。

こうやって1枚も2枚も美容液などでラップしてるんだから、潤った感じがするだろうな、と思います。
私の感覚としては、今では、夜に何かをつけたなら、朝の洗顔で変装用のマスクを脱ぎ去るイメージです。
それくらい、美容液やクリーム類は重たい膜だと感じます。

 

サンプルをいたずらに試してしまったあと2~3日は、夜のお風呂上がりは肌が突っ張ります。
そういう経験を何度かしつつ、もっといいのがないかな~と試してしまうのは仕方ないところ。
でもこの6年間、時々浮気しつつキュレルに戻ってきて、夜は何もつけずに過ごしています。

最後に

いきなり肌断食をすると、今まで色々つけていた人はその分だけ最初は肌が突っ張って辛いと思います。
数日かけて、1つずつアイテムを減らしていくのも一つの方法かも知れません。
また、日中化粧をしなくてはいけない場合は、逆に肌への影響を考えてそれなりのお手入れが必要です。

上手に引き算して、シンプルなお手入れを続けられるといいなと思います。

 

北海道、初雪が降りました。
まだ積もるほどではないけれど、冬が来たなと実感。
みなさんも温かくしてお過ごし下さいね。
にほんブログ村テーマ スキンケアへ
スキンケア
日常の小さなできごとを愛する生活
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました