スポンサーリンク

「臭い」ってなんて読む? 柔軟剤はいいニオイ?

アレルギーのこと

せっけん洗濯と柔軟剤。

とても相反するものですね。

娘はアトピー性皮膚炎ということもありますが、私自身も肌はそんなに丈夫ではないし、何よりせっけんで洗うと衣類やタオルがとても気持ちがいいのでずっとせっけんを使っています。

 

スポンサーリンク

娘が柔軟剤を使って欲しい理由は?

私は以前(9月23日)にこんなツイートをしたのですが、それにはこんな話の流れがありました。

この時、急に娘が「柔軟剤使って!!」と言い出したんですね。

なぜかと言うと・・・

「みんなに赤ちゃんのニオイがする」と言われるから、だそうです。

友達は嫌がっているのではなくて「かわいいいニオイ」だと思ってくれているらしいのですが、大人に見られたい年頃なので嫌だったようです。

 

赤ちゃんのニオイ → せっけんのニオイ ですね、きっと。

 

さて、どうする?

娘はアトピーなので柔軟剤を使うわけには行きません。

たぶん使うと、着た途端に赤くなってかゆみがやって来ると思います。

さて、なんて言おうかな・・・と一瞬悩み。

 

香水をつけるために、他は無香料とかニオイの軽いものにしよう♪ という話をしました。

実際、私自身そういう理由もあって、ボディークリームなどもほとんどニオイのないものにしています。

 

それにね~、柔軟剤のCMに出てる女優さん達が実際にその柔軟剤のニオイをプンプンさせてると思う?? たぶん、超高級でいい香水つけてると思うよ~?

 

「赤ちゃん」から一気に「香水」です。

急に大人へタイムスリップしたので、この提案に快く乗ってくれました。

 

だけど、「香水」って付け方にルールがあるからね。

人に銘柄がわかるくらいつけちゃダメ、すごく近寄った時とか、すれ違う時にあれ?と感じるか感じないかくらいにふんわり付けるものだよ。

 

「やめた!香水つける!」

 

そしてそこから。

たぶんあなたは柔軟剤を使うと痒くなるよ、あのニオイで具合が悪くなる人もいるし、体に良くないと思うからママは使わないよ、と。

 

そして、娘に1本香水を買いました。(超上機嫌でした)

スポンサーリンク

 

「臭い」ってなんて読む?

「臭い」と書いて、なんて読みますか?

「におい」と読むけれど、「くさい」とも読みます。

大方、この漢字を使うときは不快なイメージで使われることが多いのではないでしょうか。

 

いいニオイだなと思うときは「香り」(かおり)

何かそのもののニオイを指すとき「匂い」(におい)

あまり好きでないニオイの時は「臭い」(におい)

不快なニオイ時は「臭い」(くさい)

 

今、自分が発しているニオイはどれにあたるでしょう?

これは、今、消臭が当たり前になっている世の中で、本来その人がそこまで不快なニオイを発していないのに、または部屋や空間を必要以上に除菌・消臭しようとするあまり、敏感になりすぎて強いカオリで誤魔化そう、消そうと過剰になっている気がします。

そして、その反動は強すぎる科学的なカオリと薬剤がどこもかしこにも溢れている。

 

同じ香りが1日中ずっと続くというのは不自然だと感じます。

果物も花も一番良い時を過ぎて水分を失って枯れて行けば香りはしなくって変化して行きます。

香水は配合されている植物によって香る時間帯が違うし、同じものを使っていてもつける人の体臭や体温で微妙に違う香りになります。

本来そういう風に自然に変化して行くものでいずれかは消えていってしまうのに、ずっと残っていられるなんて、何かが違う。

 

その人工的なカオリが原因で、体調が悪くなる人が居たり環境を汚染しているということについては、とても専門的な話にもなるだろうし私がここで安易に語れることではないのだけど。

今、言えることは、つまり合成洗剤や柔軟剤に良くないものが入っていると言うことです。

 

本当に香りで体調が悪くなる人の中には、香水はもちろん、アロマの香りも受け付けない人がいます。

本来、香水もアロマも天然の植物を使った精油からできていて、特にアロマは各々の花や草木が持つ効能があり、芳香を楽しんだりリラックスしたりするだけでなく、体の不調を緩和したり除菌・消臭・防虫などの効能を持つものもあります。

そういった自然に存在するものすら刺激となってしまう体にしてしまう化学物質があり、中には諸外国で使用が禁止されているものもあるのに、私たちの身の回りにごく当たり前に存在していることを不思議に思います。

 

娘には香水にカッコつけてそんな風に説明しましたが、近い将来自分で洗濯をするようになったとき、肌に良くないもので衣類を洗って皮膚科へ通い続けるようにはなって欲しくないと思います。

それから、気がつかないうちに誰かを苦しめるようなことにもなって欲しくない。

私の説明は完璧ではないし、正しくない部分もあるかも知れないけれど「合成洗剤と柔軟剤とシュッシュして臭いを消すやつを使うのはやめようよ」ということが、えっ体に悪いの??でもいいし、カッコよくないよね~でもいいので伝わればいいな、と。

今は、そんな風に思います。

 

それから1ヶ月半経って

つい2、3日前です。

柔軟剤のCMが流れた時のこと。

「私は香水付けるから、柔軟剤は使わないの~。

それに、ヘンなもの入ってるから、痒くなるし~。」

 

どうやら、この件に関しては任務完了のようです。

 

前にいいなぁと思って買った香水は
私がつけると、何と!オヤジ臭のように変化するらしく・・・
長女のものになりました。人によって香りが変わる、これも香水の愉しみ?!
にほんブログ村テーマ 食物アレルギーっ子、アトピーっ子へ 食物アレルギーっ子、アトピーっ子
にほんブログ村テーマ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

ランキングに参加しています
いいね ♡ よろしくお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
アレルギーのこと
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゆうをフォローする
スポンサーリンク
こころまぁるく、やさしい暮らし

コメント