スポンサーリンク

母と私、台所は誰のもの? シングルマザーが悩んでいたこと

日々のこと、私のこと

私の家の家族構成は
父、母、妹(未婚)と、シングルになって戻ってきた私と娘。
私には娘が2人居ますが、長女は進学して一人暮らしをしています。

私が家に戻って来てから早10年半。
あっという間です。

スポンサーリンク

自分の家だとなかなか思えなくて

戻ってきてから長いこと、自分の家だけど、自分の家だと思えずに過ごしていました。
居候感、という感じ。
本当なら結婚して独立して自分の家を作るはずなのに、戻ってきてお世話になっている。

迷惑かけてるよね・・・と、心のどこかでずっと思ってました。

自分の家を持つか、仕事を頑張るかで迷う

アパートを借りようかと何度も悩んだけど、仕事をすることを考えるとなかなか独立はできませんでした。

シングルマザーが仕事をしようと思うとき、様々なハードルがあります。

1番目は、子供、どうする?ということ。
2番目は、どんな仕事や働き方をするか?ということ。

この二つは本当に相反していて、子供との時間を大事にしたり、子供をどこかに預けて働くと、「お迎え」と言うタイムリミットが付きまといます。

それから「病気」という大きな壁もあります。

子供と暮らしていくためにしっかり頑張って働きたいけど、「お迎え」と「病気」の壁があると、働き方にたくさんの制限が出てきます。

・残業ができない
・病気になったら休まなくてはならない
・接待など、お酒の席には参加できない
・出張ができない

これ、世のお父さんたちが頑張っていること。
シングルマザーは世のお父さんと同じく一家の大黒柱でしっかり働いて家族を守りたいところだけれど、なかなか世のお父さんたちとは同じ土俵では働けないんですね。
時折、母子家庭の貧困が取り上げられていますが、いつも見ていて思います。
働く環境さえ整えば貧困に陥らない家庭だってあるのだろうな、と。

私は働ける環境を選択した

うんと迷いながら、私は「働くこと」を優先に実家暮らしを選択しました。

今は転職して残業も少なくなりましたが、1年前まで働いていた職場では、月に50時間以上の残業や休日出勤、必要があればお酒の席は断ることなく出席したし、子供が病気の時は病院にかかるために遅刻はしても休むことなく仕事をしていました。

この選択が良かったのか悪かったのか、それは決められません。
でも、たくさん家族の手を借りながら子供たちを育てて来られたことには間違いありません。

片付け基準が全く違う、母と私

母と私は、全く片付けの基準が違います。
違うどころか正反対!
私はものを持ちたくないミニマルな生活が好きだけど、母は「もったいない」と「何かあったとき」の気持ちでものをたくさん持ちたい人。

私は洗面所に髪の毛が落ちていると気になって仕方がないけど、母はほぼ気になっていない人で、汚れているから掃除をするのではなく汚れ度合いにあまり関係なく「そろそろ掃除しておくかな」の気分で掃除をする人。

台所は誰のもの?

私は常に物が多くて、あまりきれいにされていない家の中にストレスを感じていましたが、ここでも変な遠慮がずっとありました。
特に、洗面所やお風呂などの水回りと、何よりも「台所」。
台所は多くの女性が一番たくさん使うところで、その人が使いやすいように知らず知らずのうちに出来上がっていると思います。

私の勝手なイメージですが、「台所は主婦の城」のような感じです。
城には主が何人もいると必ず不都合が出てきます。
キッチンツールの選定から始まって、しまい方や並べ方まで人それぞれ全く違うので「一番よく使う人」に合わせられればいいけれど、そうでなければ不満が残ります。

私の場合は、長いこと、毎日ほぼ残業で夕食の支度も母がしてきたので、私の中で「台所の主」は母でした。
色々言いたいことや、それはちょっと・・・と思うことがあっても、そこはぐっとガマン。
4年前から長女が高校生になってお弁当を作るようになってからは台所に立つ時間も一気に増えたのですが、それでもやっぱりぐっとガマン。

世代交代、かな?

そんな母も、70歳を迎えて仕事はまだ続けていますが、随分と歳を取ったなと感じることが増えてきました。
3年くらい前から、膝や腰が痛いと言い出したり、一緒に買い物へ行っても歩くのがとても遅くなって一緒に歩くことに気を遣います。
そして、それと並行して、ますますお片付けができなくなってきています。
片付けたい気持ちはあるのだろうけど、「体が動かない」「面倒」の方が勝っていて、掃除の頻度も少なくなったし、出しっぱなしのものも増えました。

今までは、台所や水回り、強いては家中の掃除や整理整頓は母が主体になってやってきていたし、私もその内容に不満はあっても口を出さずにいました。
でも、ここ数年の様子を見ていると、母を尊重しつつ、私が実は影で主体的に家事全般を受け持った方がいいのかなと思うようになりました。

以外にあっさりと・・・

とかなんとか、私は色々考えていたのですよね。
台所とか私の好き勝手に変えたり片付けたりしたら、母に申し訳ないかな、失礼かな、とかね。

で、先日。
母にさりげなく提案。

「台所とか色々片付けてもいい?」

私としてはかなり勇気のいる提案だったのだけど。

「あ~、やってやって!! もうね、お母さん色々面倒くさいの!」

拍子抜けするほど、あっさり。

ホントに、親子ながら、母と私は全く性格が違う。

わかりましたよ~!!

色々好きにさせて頂きます!

さて、これからどうしようかと目論みつつ、下の娘があと1年半で高校を卒業して進学したら、一人暮らしでもしてモノのないおうちを作り上げたい!とも思う、今日この頃。
注:妹は家事はほとんどしません。

にほんブログ村テーマ ミニマリストな生活 & シンプルライフへミニマリストな生活 & シンプルライフ
にほんブログ村テーマ シンプル・ミニマルライフへシンプル・ミニマルライフ
にほんブログ村テーマ シンプルで豊かな暮らしへシンプルで豊かな暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました